Blog
スタッフブログ

宇都宮市 Y様邸工事進捗(その4:エアクララ下地)

こんにちは。

 

Y様邸新築工事の進捗報告です。

前回のブログで、ファースボードの施工をお伝えしましたが

今回は、現場発泡断熱材「エアクララ」の下地についてお伝えします。

 

その前に、ファースボードの仕上がりです。

ファースボードの継目には防水テープを貼り

通気胴縁を付けてファースボードと外壁の下地は完成。

外壁を支える強度を確保するために、胴縁の取付には

「パネリードⅡ+」を使用しています。

パネリードについてはこちら↓をご覧下さい。

http://www.synegic.co.jp/product/paneread01.html

 

さて、本題のエアクララの下地工事です。

こちらが、屋根の裏側の様子です。

うっすらと白く見えるのは「エアネット」と呼ばれる網のシートです。

屋根に直接断熱材を吹き付けると、屋根下の通気がなくなってしまうので

垂木にこのネットを貼り付けます。

そして、このネットに断熱材を吹き付けて発泡させることで

屋根と断熱材の間に垂木の高さ分の通気層が作れます。

 

用語についてはこちら↓を参考にして下さい。

 

 

そして、現場発泡断熱材で重要になるのが

「規定通りの厚さに吹き付けられているか」です。

その為に使用するのが「スプレート」です。

こちらが、垂木につけられたスプレートです。

Y様邸はZEH対応の為、屋根の断熱材の厚さは110mmなので

この長さのピンを刺しておきます。

吹き付けた後に、このピンが全て埋没すれば、110mm以上

断熱材が施工されたことが確認できます。

 

その他、壁や基礎まで全て同様の方法で厚さを確認しながら

エアクララの施工を行います。

 

過去のブログでも書いているのでそちらもご覧下さい。

http://happyhousing.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=87

http://happyhousing.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=88

http://happyhousing.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=89

 

吹き付けが完了すると、床・壁・天井と内部工事が一気に進みます。

 

そんなY様邸の構造見学会を

5月27日(土)28日(日)の2日間

お施主様のご厚意により開催させて頂ける事となりました。

 

今回の見学会は、駐車場スペースの関係上

予約制での開催となります。

下記開催内容をご確認の上、ご希望の日時をお伝えください。

連絡方法は、電話・メール・問合せフォーム

LINE(お友達登録が必要です)など、お好きな方法で

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

日程:5月27日(土)・28日(日)

時間:10:00~

場所:栃木県宇都宮市御幸町

 

【連絡先】

電話:028-652-7777(会社)

携帯:080-3544-0209(担当直通)

メール:info@happy-housing.com

問合せ:http://www.happy-housing.com/contact.html

 

お子様用のスペースも用意しておりますので

ご家族皆さんでお越し下さい。

 

宜しくお願い致します。

 

 

【新築をお考えのあなた】

家づくりについて、誰に相談すれば良いのかわからない

分からない事が分からない、といったお悩みお持ちじゃないですか?

そんな方は、まず、こちらのメルマガを読んでみて下さい。

解除する場合にも簡単に解除できます。

メルマガ登録フォーム

失敗しない家づくり
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

LINE登録も是非、お願い致します。

友だち追加数

facebook

http://www.facebook.com/ZEHbuilder.happyhousing/

株式会社ハッピーハウジング
https://happy-housing.com/


〒320-0061 栃木県宇都宮市宝木町2-808-33
TEL:028-652-7777