Blog
スタッフブログ

「どこでも光窓」はじめました

こんにちは。

今日は、ハッピーで新たに導入した

「どこでも光窓」について紹介いたします。

1階の北側の部屋や廊下など、どうしても

太陽の光が届かずに、暗くなってしまう場所があります。

そうならないように、窓の位置を工夫したり、壁の上部を開けたり

格子にしてみたりと、設計段階から工夫はするのですが

それでも、やはり暗くなってしまう場合があります。

私の実家も、台所が北側で、窓が少ないので

昼間でも電気をつけています。

夜は明るく感じますが、昼間の電気って

なんだか暗く感じませんか?私だけでしょうか?

(話がそれました…)

皆さんの家も、そんな部屋や場所は有りませんか?

そこで、ハッピーハウジングでは「どこでも光窓」の

取り扱いを開始しました。

詳しくはこちら↓をご確認下さい。

http://www.toyokohan.co.jp/ja/hikariwin/

「どこでも光窓」の模型を使って説明させて頂きます。

これが、「どこでも光窓」の模型です。

この後ライトをつけて、効果の程をお見せします。

まず、家の断面だと思って下さい。

模型の脇についているライトが太陽光の代わりです。

窓のない、部屋(写真の左半分の部屋)は

通常であれば真っ暗な部屋です。

なので、左下の部屋には「どこでも光窓」がと同じ

仕組みが施されています。

それでは、ライトの点灯です。

いかがですか?

窓のある部屋は当然明るいですが

左半分の部屋はどうでしょう。

左下の部屋は、明るくなっています。

左上の部屋はくらいままです。

チョット電球色のように見えるのは

光の出口を、この色のパネルにしているからです。

昼白色がお好みであれば、その色のパネルを使えば

問題なし!

因みに、光を取り込む場所をふさいでみると

こうなります↓

いかがでしょうか?

違いは、見て頂けましたでしょうか?

このように、奥まった部屋や廊下に

太陽光を届ける事が出来るので、照明を日中から

付ける必要が有りません。

トップライト(天窓)を付ける場合もありますが

「上に部屋があって天窓では光が届かない」なんて場合や

「リフォームで天窓は雨漏りなどが心配」なんて場合にも

どこでも光窓は「壁から光を取り込むことが出来る」のです。

通常の窓を壁に取付、そこから取り込んだ光を

奥の部屋に届ける仕組みなので、上に部屋があっても

天井裏を通して光を取り込めます。

(今回紹介した模型がそのパターンです)

当然、雨漏りの心配はいりません。

太陽の光を電気に変える(太陽光発電)省エネも重要ですが

太陽の光そのものを電気の代りにする省エネもいかがでしょうか?

人にも自然にも優しい住まいづくりを考える

ハッピーハウジングからの新しい提案です。

興味のある方はぜひ、お問い合わせ下さい。

リフォームのご相談も、喜んでお受けいたします。

宜しくお願い致します。

ハッピーハウジングの事・お住まいの悩み

どこでも光窓についての質問・お問い合わせは

メール:info@happy-housing.com

電話 :028-652-7777

携帯 :090-3316-2706(澄)

までお気軽にお寄せ下さい。

株式会社ハッピーハウジング
https://happy-housing.com/


〒320-0061 栃木県宇都宮市宝木町2-808-33
TEL:028-652-7777